住まいから出る臭い

住まいのニオイを予防

トップ

住まいの臭いとはどういうものか

住まいの臭いは日々暮らしているとなかなか分からないこともあります。木造住宅で表面に木が現れている場合には自然な木の香りがするものです。新築間もない頃には酢酸臭のする場合がありますが、壁にビニールクロスなどを貼った場合の接着剤が臭うことがあります。換気扇を使用して適当に空気の入れ替えを行うことも必要です。また、台所の水切りにおける生ゴミの場合があります。原因はバクテリアですので水気を切って処理する必要があります。排水溝や排水管は専用の除菌剤などで取り除きます。他にも住まいの臭いを取り除くなら、煙草臭やペット臭、トイレ臭などは空気清浄機や清掃後芳香剤を設置しておくのも有効です。

住まいの気になる臭い

住まいはその人のお城なので、快適に使い勝手よく過ごしたいものです。生活をしていく中で、気になるものの一つに「臭い」があります。新築の場合、建材から出る独特のニオイがあります。フローリングや壁の建材の接着剤として使われるものから発生することが多く、シックハウス症候群の原因になります。これはホルムアルデヒドによるもので、住む人の体質によっては、めまいや吐き気、頭痛などの症状が起きることがあります。その臭いを軽減させ、快適に過ごすためには、換気をよくしたり、その物質を吸着させるものを使うとよいといわれています。例えば、使用済みのお茶ガラにはそのような機能があります。自分の新しい住まいで、気持ちよく過ごしたいものです。

住まいの防臭の情報